08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

SWV/@ Billboard Live TOKYO 

 
 90年代に活躍した女性ヴォーカル・グループの中でも、いまだに抜群の人気を持つSWV。その来日公演。一昨年に行われた再結成後の公演(同じくビルボードライブ)は見逃してしまったので、しかも今回は今年リリースされたニュー・アルバムを引っさげてのライヴということもあって、まあ、とにかく楽しみでありました。そして実際、期待に違わぬ素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。平日の火曜と水曜のみ(東京)の公演だったにもかかわらず満席で、本当のファンの人たちが来ているらしく、3人がステージに登場すると同時に客席は総立ち。初っぱなから“Right Here”や“I'm So Into You”、“You're The One”などの往年のヒットを立て続けにやってくれ、大盛り上がりでした。永遠に色あせない90年代R&Bの躍動を今に伝えてくれる存在として、昔と何ら変わらぬ魅力を持ち続けている彼女たちほど適したグループもない、と改めて思いました。とはいえ、それだけが彼女たちの魅力でないことは、中盤のスロウ・ナンバーで感じました。名曲“Rain”、そして新作からの“Love Unconditionally”とパティ・ラベルの“If Only You Knew”は、成熟した彼女たちならでのソウルに満ちており、これにはウットリとさせられました。とりわけ“If Only You Knew”におけるココの、パティに負けない歌唱はもう奇跡としか言いようのないもので、歌神が降臨したようでしたね。この曲を一緒に歌ったリリーも確かな歌唱力の持ち主で、見直してしまいました。SWV更新また常に観客を盛り上げてくれるタージは、続いて披露されたスウィッチの名曲“There'll Never Be”のカヴァー(これは新作の日本盤にのみ収録されていたらしいですね……僕は知らずに「おお、なんでスウィッチを!」とひとりで盛り上がってましたが、恥)で、曲のいちフレーズをお客さんに歌わせて回りましたが、これが若干長く…(笑)、しまいにはステージ上のココから「タージ、もうそろそろ戻ってきなさいよ」と言われてましたっけ。同じく新作収録の“Do Ya”(ルーファスの“Do You Love What You Feel ”がネタ)は、彼女たちの新たな「アゲ曲」としてライヴにはぴったりなナンバーでした。特にスロウが続いたあとなんかにはアガりますよ、これは。ラストは彼女たちの代表バラード・ナンバー“Weak”にてライヴは幕引き。これも、90年代的な甘酸っぱさに“今の”彼女たちの魅力が合わさった珠玉のパフォーマンスと相成りました。アンコールがなく(少なくとも自分の観た回は)、やや短めなライヴではありましたが、じゅうぶん満足。再結成からニュー・アルバムのリリースを経て、第二の好調期に入っている彼女たちの、今後がさらに楽しみとなるライヴでした。(8/21、2nd、ビルボードライブ東京)
※イラスト by Daizo Takahashi


アイ・ミスト・アスアイ・ミスト・アス
(2012/06/20)
SWV

商品詳細を見る
スポンサーサイト

category: Live

Posted on 2012/08/25 Sat. 14:22  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://moblack.blog.fc2.com/tb.php/11-87407888
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。