08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

Jeff Bradshaw/Bone Appetit('12) 

Vol. 1-2-Bone AppetitVol. 1-2-Bone Appetit
(2012/04/24)
Jeff Bradshaw

商品詳細を見る

 最近、ロバート・グラスパーをはじめ、エスペランサ、ニコラス・ペイトンといったジャズのプレイヤーがR&B/ヒップホップのアーティスト勢をゲストに迎えた良作を出していますが、それに続けとばかりに、ネオ・フィリーのトロンボーン奏者も約9年ぶりの新作をリリースしていました。“Bone Appetit(召し上がれ)”というだけあって、これまた豪華ゲスト陣を迎えたCD2枚組のなかなかボリューム感のある内容で、果たして食べきれるか……と聴く前はやや躊躇気味でもあったのですが、聴いてみるとこれがサラッと難なく胃に収まる聴き心地抜群のメニューなのでした。
 ゲストにはキンドレッド・ザ・ファミリー・ソウルや元フロエトリーのマーシャとナタリー(……もちろん、それぞれ別曲で参加です)らフィリー勢に加えて、ラヒーム・ディヴォーンやPJ・モートンなど脂ののったネオ・ソウル系のシンガーが参加。ネオ・フィリー的な曲はもちろんありますが、リズミカルなトラックでラヒームがマーヴィン・ゲイ節を披露する”Til Tomorrow”や、キンドレッドの夫婦が歌うゆるやかなムードの”All Day Loving”、Lawrence Drinksというシンガーを迎えた南部っぽいノリの”I Don't know How ”など、ジャジー&メロウとはひと味違うパーカッシヴなミディアム・ナンバーも結構あって、面白いです。そんななか、同じく新作をリリースしたばかりであるSWVのCokoが歌う”So Thankful”や、ナタリーのポエトリーにジェフのトロンボーンが妖しく絡む”I See The Sunshine”あたりのしっとりマッタリ具合もたまりません。カヴァーも4曲(!)あって、トロンボーンのソロで聴かせるトニーズ”Lay Your Head On My (Pillow) ”とメイズ”Happy Feelin's”(これはDISK2に)、マーシャが歌うジャネット・ジャクソン”Got Til It's Gone ”、キンドレッドのFatinが歌うモス・デフ”Umi Says”などなど、と……収録曲をただ紹介しているだけで字数が埋まってしまうくらい聴きどころの多い作品ではあるのですけれど、しかし最初に書いたように、ゴッテリと色んな味が盛りつけられているというよりは、トロンボーン奏者である彼の控えめながらも一本筋の通ったレシピによって程よく調理されているといった感じの内容で、非常に聴きやすく、しかしそれでいて、しっかりと滋味の深さのあるアルバムになっています。
 ちなみに、DISK2にはワシントンDCのゴーゴーあり、シカゴのステッパーズあり、ニューオーリンズ・グルーヴあり、とフィラデルフィア以外の黒人音楽都市に対する敬意も感じさせてくれます。

本日のカヴァー/ジャネット・ジャクソン”Got Til It's Gone ”('97)
-元ネタはジョニ・ミッチェルですが、このフレーズといったらこの曲、というくらい、もう馴染んでしまってます。クールで落ち着きますね。
スポンサーサイト

category: R&B

Posted on 2012/05/22 Tue. 23:09  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://moblack.blog.fc2.com/tb.php/7-f0484f6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。