10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

Victor Haynes/From The Bottom Of My Heart('12) 

フロム・ザ・ボトム・オブ・マイ・ハート(FROM THE BOTTOM OF MY HEART) 帯ライナー付直輸入盤フロム・ザ・ボトム・オブ・マイ・ハート(FROM THE BOTTOM OF MY HEART) 帯ライナー付直輸入盤
(2012/05/30)
ヴィクター・へインズ(VICTOR HAYNES)

商品詳細を見る


 UKのレーベル=エクスパンションの人気コンピレーション・シリーズ『Soul Togetherness』『Luxury Soul』を好きで聴いている方ならば、これらのシリーズに収められた良質なソウル・ミュージックたちの中でも、ひと際ストレートなアーバン・ソウルを歌う男に一度は耳をひかれたことがあるのではないかと思われますが、それがヴィクター・ヘインズ。
 マンチェスターを活動の拠点にしているこのソウル・シンガーは、今ひとつ経歴が分からないのですが、94年に同レーベルからアルバムを出して、以降はダウンロード・オンリーでちょびちょび作品を出していたようで、何を隠そうこの新作アルバムも昨年にダウンロード作品としてリリースされていたものに2曲をプラスして、改めてフィジカル・リリースしたものです。ただ何ぶん作品リリースが少ない人なので、こうしてCDとして手にすることができるだけでも、嬉しいものがあります(なんとなく)。
 すべて友人で音楽パートナーであるピート・メイという人との共作/プロデュースになりますが、とにかく全編、キース・ワシントンとかバイ・オール・ミーンズあたりに通じる80年代後期〜90年代初頭のブラコン・マナーで貫かれていて、聴けばさっそくカーステレオにセットして夕暮れ時ぐらいから用もないのに車を走らせたくなること必至の一枚となっています。歌声はそれほど濃くなく、あくまでジェントルに歌い込みますが、しかしちょうどよいソウルネスも放っていて、それがサックスや鍵盤やシンセのオーケストラなんかと溶け合って、夜の空気を絶妙に醸してくれます。まあ、簡単に言ってしまえば、ブラコン好きは買え!というところでしょうか。デレゲイションのカヴァー“( I Figure) I'm Out Of Your Life”にも、トロけるしかありません。

本日のカヴァー/デレゲイション“I Figure I'm Out Of Your Life” ('82)
-“Oh honey”が有名なグループですが、イギリスらしく程よく洗練されたブラコンといった感じで、最高です。もちろん作者は、ケン・ゴールドとミッキー・デンのコンビです。
スポンサーサイト

category: Soul

Posted on 2012/05/29 Tue. 01:34  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://moblack.blog.fc2.com/tb.php/8-fab2548d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。